読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めがねぐらし

つれづれ。あと眼鏡さん

ベビーサインをはじめてみた話

今日の眼鏡さん つれづれ 育児

f:id:tm8r:20150117014832j:plain
うむ。

上司と育児話をしていたときに「ベビーサイン」という聞きなれない言葉を耳にしまして。
調べてみると、どうやらまだ喋れない赤ちゃんとジェスチャーでコミュニケーションをとるためのものだそうな。
たとえばおっぱいやミルクをあげるときに手を握る動作をするようにして、本人が欲しいときに同じ動作をするようにする、みたいな感じです。

Baby Sign Language: Milk - YouTube

だいたい6ヶ月~1歳半が教え始める時期として推奨されてるらしく、うちの娘は7ヶ月で条件を満たしているので、徐々に教え始め、もとい見せ始めてみました。
過度な期待をするとどちらにとっても良くないので、覚えてくれたらラッキーくらいの気持ちでやってます。

まずはミルク、もっと、おしまい、おむつあたりから。
どんなジェスチャーがあるかは以下のページが参考になります。
ベビーサイン辞書 -最初に覚えたいベビーサイン集-

デメリットとして保育園とかで伝わらなかったりすると赤ちゃんが混乱してしまうかも、みたいな話を見てなるほどなーと思ったりしました。

日本では日本ベビーサイン協会なるものがあって、こちらの団体が広める活動をしているみたい。
こちらで認定された方々が教室を開いたりもしてるようです。
一般社団法人 日本ベビーサイン協会 | ベビーサインは日本ベビーサイン協会の登録商標です

コミュ障としてはちょっと教室とかつらいので、一旦本でも読んでみようというところで、とりあえず以下の本を最寄の図書館に取り寄せ中です。

今すぐできる かんたんベビーサイン

今すぐできる かんたんベビーサイン

最近の図書館ってネットで別の図書館から取り寄せたり出来るんですね。便利…!

スポンサーリンク