読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めがねぐらし

つれづれ。あと眼鏡さん

GAIQを受けた話

つれづれ 今日の眼鏡さん

f:id:tm8r:20150414020917j:plain
GAIQという資格試験がありまして。
なんやかんやあって受けざるを得ない状況になったので、いつ以来か分からないお勉強らしいお勉強をして受けてみました。

GAIQはざっくり言うと、GoogleAnalytics(以下GA)の習熟度の認定試験です。
そう言っちゃうと、なんだGAの使い方を勉強するだけという印象になってしまいますけども、デジタル解析自体の基礎知識を学ぶこともできるので、数字の分析をこれからやるような人にも有用な試験なのかなという印象を受けました。
とはいえやっぱりGAの使い方とかが中心にはなるのですけれども。

試験と聞くとお金がかかりそうですが、今はブラウザで無料で受けることができます。
過去は有料でしかも英語版しかなかったようです。現在は日本語で受けられるのでおとくですね。

試験は90分で70問。80%正解すると合格です。
1問1ページで、4択の選択問題になっています。
「解答する」ボタンを押したらもう後戻りは出来ず、70問目で「解答する」ボタンを押した直後、確認画面をはさむ事もなく試験結果が表示されます。
しかも、どこが間違っていたかは一切表示されず、ただ何問正解したか、正解率はいくつだったかしか教えてくれません。
Googleさん、鬼畜!

1週間に1回しか受けられないので、受けるときはそれなりの覚悟が必要です。

試験のお勉強は基本的にGoogleさん公式のもので十分です。analyticsacademy.withgoogle.com
こちらの「Digital Analytics Fundamentals」と「Google Analytics Platform Principles」を受ければ殆どの範囲はカバーできるはず。
一見すると英語しかないので、英語見ると死んじゃうタイプの人は無理かと思いきや、動画には日本語字幕もあるので安心です。
デフォルト英語字幕ですけど、歯車マークを押して「Subtitles/CC」の項目を日本語に変更すれば大丈夫です。

ただ、付属の小テストは英語しかないので、そちらは頑張って英語を読むか、Google翻訳さんあたりに頼るなりする必要があります。

あとはこの公式の資料に(見逃してなければ)出てこなかったインテリジェンスレポートについてちらほら出題されるので、そのあたりに関しては軽く調べて挑むとよいかもしれません。

必死に勉強した甲斐あって無事一発合格したものの、人に自信を持って教えられるレベルまでは至ってない気がするので、改めてまとめる意味も兼ねて、気が向いたらブログで重要どころを掻い摘んだ講座的なのを書いてみようかと思ったり思わなかったりしている今日この頃です。
思ったり思わなかったりと表現したときは9割9部やらないパティーンなので大変危険というか折れないフラグをたててしまった感すらありますが、今回こそはなんとか気が向くことを祈るばかりです。

今週のお題特別編「この春に始めたいこと・始めたこと」
〈春のブログキャンペーン 第2週〉

スポンサーリンク