読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めがねぐらし

つれづれ。あと眼鏡さん

DQ好き垂涎ものの演出が詰まった星ドラ

つれづれ

f:id:tm8r:20161122022142j:plain
個人的ドラクエナンバーワンヒロイン。
いのまたむつみさんの描くバーバラのかわいさは異常。

9月くらいから星ドラこと星のドラゴンクエストをやっています。
DQMSLも以前やっていて長続きしなかったので星ドラもどうせ長続きしないだろうなーとリリース当初は見送ってたのですが、歴代シリーズを追体験できるという話を聞き、これは一回やってみたほうがよいのではと始めたところ今も続いています。

2015年の10月にリリースされ、つい先日一周年を迎えたゲームで、現在も一周年記念の施策が投下されています。あと二日で終わりますけど。
あらすじはこんな感じ。

主人公達3人はマール島の浜辺で倒れているところをモガマルに発見される。主人公達は記憶を失っており、自分の名前以外は何も覚えてなかったが、冒険王の書があったことから、モガマルから二代目の冒険王だと言われる。冒険王とはこのブルリア星を冒険した英雄で、モガマルは冒険王と一緒に世界を冒険することに憧れていたのだという。主人公達は冒険王として、祖父であるガイアスの助言のもと、ブルリア星に迫る危機を救うため、世界中を冒険することになる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%9F%E3%81%AE%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B4%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%88

上にも書いた通り、歴代シリーズを追体験できるイベントが一つの魅力。

今はドラクエ6を追体験できるイベントが実施されています。
歴代シリーズのイベントは自分が各シリーズの主人公のような立場でストーリーが展開し、たとえば今回のドラクエ6だと各ステージのボスがネルソン、ブラディーボ、ムドーなど懐かしい面々になってます。

現在はドラクエ6イベントの前半だけを配信しているので、ムドーを倒すところで終わり。
BGMも懐かしのドラクエ6のBGMが流れたりするので思わずニヤニヤしてしまいます。
戦闘も各シリーズのBGMにしてくれたらさらに嬉しいんですけど…!

また、イベントでは各シリーズのキャラクターになりきれる装備がドロップしたり、ドロップされる引換券と交換できたりするのがまた胸熱です。

眼鏡。

そして今回は他のイベントよりも気合が入っていて、なんとOPのやりとりや

ドラゴンの笛でドラゴンを呼び、ムドーの城に乗り込むところまで再現されています。

ニヤニヤが止まらない。ストーリーがフラッシュバックする。

システムはざっくりキャラは3人固定+助っ人で、ガチャで装備を獲得、装備の進化は同じ装備を用いる、というよくある感じです。
もちろん転職システムもあり、本家と概ね同じで下級職複数のレベルをある程度あげると上級職に転職出来る感じ。
また、そこまでたくさんソシャゲやってる方でもないですが、比較的レアガチャを無料で回せるゲームだと思います。

マスコット的な、わたぼう的なモガマルというキャラがいて最初うざいと思うかもしれないというかうざくて仕方なかったのですが、広い心で、温かい目で見守ってやると、いずれだんだん好きになる可能性も微レ存。
歴代シリーズイベントで当時言いたかったことを代弁してくれたりして、僕はちょっと好きになりました。

空き時間にイベントこなすだけでも楽しいのでドラクエ好きにはおすすめです。

星のドラゴンクエスト
星のドラゴンクエスト

開発元:SQUARE ENIX INC
無料

posted with アプリーチ

スポンサーリンク